01. 初心者に捧ぐ基礎知識まとめ せどり

せどりやるの?何から手を付けるか迷ってない?(前編)

投稿日:2019年5月25日 更新日:

こんにちは、タカです。

今回は、せどり初心者はまずどこから

取り組めばいいのか?を3回にわけて

解説していきます。

 

はじめに

 

せどり面白そう!やってみたい!と思っても

まずどこから取り組んでいいのか分からないですもんね。

適当にやって盛大にずっこけるのも

個人的には有りだと思いますが、

そうはなりたくないという方は、参考にして下さい

 

一回目の今回は、

初心者せどらーは取り組むジャンルを絞った方がいいのか?悪いのか?それはなぜか?

について解説します。

そして次回では、ジャンル選定する際の考え方

そして第3回目では、タカがオススメする5つのジャンル

を紹介させてもらいます。

 

せどりに限った話ではありませんが、

何か新しいことを始めようとしたときに、

最初に何から取り組むか非常に重要です。

 

低資本で始められて、高利益率キャッシュフローも良くって、

さらに事業の屋台骨として成長も見込める

そんな都合の良い仕事を見つけたいですよね。

 

ひとくちにせどりと言っても、

やっていること扱う商材は様々です。

まず、新品中古っていう大きなくくりが有って、

その中でも、おもちゃなのか、なのか、

家電なのか、家電は小型?大型白物?

等、ジャンルは多岐に渡ります

 

各ジャンル毎、基本となる知識

Amazonのアカウントについてとか、

モノレートの見方とか、そういう基本的なところ

は共通しているんですが、少し深堀りすると、

違ったノウハウが必要になってくるんですよ。

 

要はね、同じせどりではあるんだけども、

似たようなことしてるんだけども、全然違うってこと。

 

僕自信も、様々なジャンルに手を出して

実際に検証してみて、取り入れるモノは取り入れて

合わないものは切り捨ててといった具合に

ひと通りとは言わないまでも、かなりのジャンル

に手を出してきました。

 

ジャンルを絞るべき?について

それでは、まず

はじめてせどりに取り組む方は、ジャンルを絞るべきか

について解説していきます。

結論から先に申し上げますね。

ジャンルは絞った方が良いです。

 

せどり初心者は、まずは1つのジャンルに集中しましょう。

理由は二つあります。

 

理由その1:稼げるようになるまでが早い

ジャンルを絞ることで、そのジャンルの相場観

商品知識がシッカリ身に付きます。

それから、作業要領もジャンルに特化したものに

出来るため、稼げるようになるまでが早いです。

 

せどりは浅い知識で手広くやるよりも

ピンポイントでも専門性のある深い知識

取り組んだ方が稼ぎやすいなぁ、と思ってます。

せどりに限った話じゃないかもしれませんけどね

あれもこれもと手を出しても、それぞれが

ものすごく奥が深いですから、モノにするまでに

時間が掛かっちゃいます。

 

無理ではないんですけど、稼げない期間が長く

なるのいやでしょ?

手広くやり過ぎて、一つ一つのジャンルで見たとき、

いつまでもそのジャンルの初心者なんてことになったらいやでしょ?

だから、一点突破!

 

僕のよく分からないたとえなんですが、

プッチンプリンですよ。

容器に入ったプッチンプリン。カラメルソース

一番底にあるでしょ?あれがイチバン美味しい

ところだとするなら、まんべんなく平面的に

食べるよりも、一気にスプーンと縦にズブッと

やった方がすぐカラメルソースにたどり着くでしょ

なんかそんな感じ。

わかんねぇって?

 

ということで、最初は一つのジャンルに特化して

このジャンルなら誰にもまけねぇと

いうくらいに突き詰めることをオススメします。

 

覚えてくるとね、そのジャンルのプロになったような

気になって、そうなるとねモチベーションも

上がりますよー。楽しくなってくるんですよ。

いちいちリサーチしないでも売れる商品の

見わけも付いてくるしね。

 

販売にしてもジャンル特化のフローが組めるので

作業スピードも上がりまくりです。

販売が強くなることで仕入れも強くなって~と、

こういった好循環が生まれるんですよ。

僕も、まず一つのジャンルをトコトンやって、

また次のジャンルをトコトンやって、という具合に

ひとつずつ確実にモノにしていきました。

今は、いよいよパソコンせどりの勉強してますよ。

覚える事多いので、ほかの事やってる場合ではありません。

 

理由その2:ジャンルのほかにせどりの基本についても学ばなければならない

たとえば、一眼レフカメラをせどりの商材として

最初に選んだとするじゃないですか。

例えばですからね!?

どこで仕入れたらいいだろう?

どこで売るのが良いだろう?Amazon?ヤフオク?

 

カメラに詳しくなかったら用語も覚えなきゃ

いけないですよね?

メンテナンスの手順も知っておかなきゃいけない

かもしれませんね。

 

その上ですよ?あなたが初心者だとしたら

それらの知識に加えて、せどりの基礎の部分も

同時進行で覚えなきゃいけないんですよ。

 

Amazonで売るなら、FBAへの納品方法とか

悪い評価が付いた時の対処法とか、

返品返金対応の仕方とか、中古品を扱うなら

コンディションガイドラインも熟知しなきゃ

いけませんよね?

 

ヤフオクで売るなら、一日の出品数は?とか

支援ツールは?とか

また覚えなきゃいけないことが出てくるんですよ。

挙げたらキリがありません。

 

それから、物を売買するわけですから、

関連法規も最低限抑えておきたいですよね。

税金対策はどうします?

古物を扱うなら古物商許可も取らなきゃいけません。

 

せどりの基礎部分だけでも相当な情報量です!

それと並行して、あれもこれも商材増やせます?

無理くない?!無理じゃないけど、オススメは

しませんね。自分ならやりたくないから。

というわけで、まずは一つプロフェッショナル

なジャンルを持ちましょう!

それがあなたの収益の柱にもなるし自信にもなります

 

突き詰めていく途中で、これは自分には合わないな

と、様々な理由でそう思うことが有るかもしれま

せん。

そんな時は方向転換して、別の商材に切り替え!

分に合うジャンルを探してみましょう

 

次回予告

次回は、

ジャンル選定をする際の考え方について

お話しします。

ご自身にピッタリの商材を見つけて、

せどりライフを実りある楽しいものに

してください!

 

それでは僕でした!次回お楽しみに。

ばいばーい

 

 

タカのせどり教室では、LINE@で限定情報を公開しています。

せどらーによるリアルオフ会や勉強会のイベント情報もLINE@でお知らせしていますので、ぜひ、あなたもご登録お願いします。

LINE@のお友だち登録はこちらをクリック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

タカ

自分の知らない分野にも恐れず挑戦する開拓者。建築関係の仕事をしていたのに、畑違いの物販でも結果を出せるのは人一倍努力しているから。学習意欲が高すぎて、本を読みながら街を歩いていることもしばしば!副業で取り組んだせどりでも本業の収入を超えるのに3か月で達成。データ分析が得意。というか、やり過ぎなくらい分析してる。大量のデータに裏打ちされた独自のせどり論で荒稼している。仕事での海外経験も豊富で英語も堪能。豊富な海外経験からグローバルな視点を活かし、海外メーカーの代理店なども手掛けている。趣味のサーフィンも大会で上位に食い込むほどの実力者。←友人に評価してもらいました(>-<;)

-01. 初心者に捧ぐ基礎知識まとめ, せどり

Copyright© タカのせどり教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.