03. 作業効率UP!納品情報まとめ

Amazon出品商品写真を一気に登録!アップロードによる一括商品登録を駆使して効率爆上げだぁー!

投稿日:2019年2月14日 更新日:

中古品を扱う上で欠かせないのが商品写真です。中古品は一点物ですので、1つの商品につき毎回別のSKUを取り、商品写真を登録しなければなりませんよね。これが中々大変!この記事では、その面倒な写真登録を短縮する豆テクを紹介します。

 

 

 

はじめに

商品数が少なければ、従来通り一品ずつ写真を登録しても良いと思います。今回紹介する方法が真価を発揮するのは、商品数が多いときです。

力のあるせどらーさんだと、一度の仕入れで数十点、場合によっては100点を超える数の商品を仕入れてくると思います。それの写真を登録するだけで、丸々一日潰れてしまうんですよね。

僕達も苦労したもんです…(特に僕が)

今回の方法を取り入れてもらえば、写真登録に掛かる時間が劇的に減りますよ。

 

Amazon出品商品写真を一気に登録 準備編

商品写真に出品者SKUに関連した名前を付ける

まず最初にすることは、写真ファイルに名前を付ける事です。

今回ご紹介する方法で、一番時間が掛かるのがこの作業。逆を言えば、これさえ終われば後は楽チンです。

 

商品名+(1),(2) というようなファイル名にする

今回は、このタイヤチェーンを例に話を進めていきます。

この商品の出品者SKUはSDRB-1としましょう。

☝SKU:SDRB-1

 

出品者SKUってなんなの?という方は、こちらの記事をご覧ください。

Amazon出品者SKUとは。意外と知らない上手な使い方を徹底解説!これで効率UP間違いなし!

この記事では、出品者SKUとその使い方について書かれています。出品者SKUってなに?どうやって使うの?使うと何か良いことあるの?そういった疑問はこの記事を読んで解決しましょう。   目次0. ...

続きを見る

 

この商品写真に名前を付けていきましょう。↓

全て選択して…F2でファイル名を編集と。SDRB-1と…↓

すると、このように一気に名前が変更されます。↓

この作業していていつも思うのが、「撮影時にファイル名を決められるスマホアプリが有ったら便利なのになぁ」ということ。

なんかオススメありません?あったらお問い合わせから教えて下さい(;'∀')

 

S3に写真をアップロード

続いて、名前を付けた写真ファイルを、S3にアップロードします。

アップロードのオプションを選択します。

下の図の赤枠のところに注目してください。このオブジェクトにパブリック読み取りアクセス権限を付与する。とありますね。

これを選択することで、世界中の全てのユーザーからのアクセスが可能になります。つまり、Amazonからの読み取りも可能となるわけです。

この設定を選択して、アップロードボタンをポチッとしましょう。

アップロードが完了しましたね。

S3上ではアップロードした写真をこのように確認することが出来ます。サムネイルが無いので、商品名がすぐに分かるSKUを付けておかないと、写真が迷子になりがちなので注意が必要です。

写真のプロパティを見てみると、オブジェクトURLが見れますね。このURLを入力すると、この写真にアクセスが出来るわけです。

オブジェクトURLは、ファイル名を除き共通です。ファイル名の部分を他の商品のファイル名に換えてやれば、その商品画像に飛ぶURLになるわけです。何を言っているのか分からないと思いますのでもうちょっと詳しく説明します。

下の画像で言えば、URL中のSDRB-1+(1)の部分。これをSDRB-1+(2)にしてやれば、SDRB-1+(2)のURLとなるわけです。

次は、これを利用してULR貼り付け元となるExcelシートを作成していきます。

 

貼り付け元となるExcelファイルを作成

Excelを立ち上げ、今回写真登録をしたいSKU毎に、URLを書き起こします。

計算式を使うと早いですよ。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/●●●/●●●/●●●/出品者SKU+(1).JPG

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/●●●/●●●/●●●/出品者SKU+(2).JPG

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/●●●/●●●/●●●/出品者SKU+(3).JPG

といった感じで、Excelでパパっと作っちゃいましょう。便利だなぁExcel。

 

出品ファイル(L)をダウンロードして編集

Amazonからダウンロードできるファイルとしては、在庫ファイルを除いて最も大きなファイルでしょう。出品ファイル(L)をダウンロードしましょう。

セラーセントラル>在庫>アップロードによる一括商品登録>在庫ファイル(画面の下の方にあります)

ファイル名のところに色々あるんですけど、どこでも良いので押してください。

すると、小窓が開きますので、その中ほどにある出品ファイル(L)というものをダウンロードしてください。

次に、このファイルに、先ほど作ったURLを貼り付けます。

こんな感じになります。出品者SKUと写真URLのところだけ入力されていればOKです。

他のセルをいじると、情報上書きされます。

せっかく登録した商品コンディション説明とか消えちゃうかもしれないので、いじらないようにしましょう。ちなみに、この出品ファイルを使うと、一度出品した商品のコンディションも変える事が出来てしまいます!ただし、バグが起こってテクニカルサポートのお世話になるハメになるんですけどね(笑)

絶対にいじらないようにしましょうね!

 

Amazon出品商品写真を一気に登録 実践編

完成した出品ファイル(L)をアップロード

前の章で作った出品ファイル(L)をアップロードしましょう。

 

セラーセントラル>在庫>アップロードによる一括商品登録>在庫ファイルのアップロード

手順2ーファイルをアップロードからファイルをアップロードしてみましょう。

 

しばらくしてエラーが出てなければ完了

これだけです!

完了したら、商品写真が登録されているかチェックしてみましょう。

レポート上「完了」ステータスとなっていても、実際に写真がアップロードされるまでには時間が掛かるようで、件数が多ければ数十分なんてことも!コーヒーでも飲んで気長に待ちましょう。

 

商品写真を一気に登録 よくあるエラー

正しく出品ファイル(L)が作られていない場合、エラーが出ます。

セラーセントラル>在庫>アップロードによる一括商品登録>アップロードステータスの確認

からアップロードの状況が確認できます。エラーレポートもここで見る事が出来ますよ。

 

S3の公開設定をしていない

よくあるエラーがこれ。

S3で公開設定をしたはずなのに、なぜかされていないという事が散見されます。もしかしてS3側のバグなのかな?フォルダごと公開にすると起きる印象が有るんですが、正確な発生条件は不明です。

このエラーが出た場合、再度S3で公開設定をしてみましょう。しょっちゅう出るエラーですが、これで解決しなかったことはありません。

 

URLが違う

Excelシートの作り間違いです。

URLを確認してみましょう。計算式が間違っているかもしれませんよ。

 

ファイルに余計な文字が入っている

写真をアップロードするだけなら、SKUと写真URLだけを出品ファイル(L)に入力すれば良いのですが…

他のセルに何らかの文字が入ることでエラーが出ます。

 

おわりに

いかがでしたか?

今回紹介した方法で、ガッツリ時短しましょう!

空いた時間で、せどサポの動画を観るのがオススメですよ(笑)

 

タカのせどり教室では、LINE@で限定情報を公開しています。

せどらーによるリアルオフ会や勉強会のイベント情報もLINE@でお知らせしていますので、ぜひ、あなたもご登録お願いします。

LINE@のお友だち登録はこちらをクリック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

タカ

自分の知らない分野にも恐れず挑戦する開拓者。建築関係の仕事をしていたのに、畑違いの物販でも結果を出せるのは人一倍努力しているから。学習意欲が高すぎて、本を読みながら街を歩いていることもしばしば!副業で取り組んだせどりでも本業の収入を超えるのに3か月で達成。データ分析が得意。というか、やり過ぎなくらい分析してる。大量のデータに裏打ちされた独自のせどり論で荒稼している。仕事での海外経験も豊富で英語も堪能。豊富な海外経験からグローバルな視点を活かし、海外メーカーの代理店なども手掛けている。趣味のサーフィンも大会で上位に食い込むほどの実力者。←友人に評価してもらいました(>-<;)

-03. 作業効率UP!納品情報まとめ

Copyright© タカのせどり教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.