02. 仕入量UP!仕入攻略まとめ

ジャンクせどり転売とは|始める前に確認すべき5つの項目

投稿日:2019年1月18日 更新日:

せどサポではジャンクせどりを実践しています。

ジャンクせどりのみで月利100万を超えいるんです。

 

今回は、そのノウハウを大公開したいと思います。

 

ジャンクプせどりを始める前に

事前に知っておきたいことを

まとめましたので、ぜひ、ご覧ください。

 

ジャンクせどりについて、分からない方は、

以下の記事で詳しく記載していますので

併せてご覧ください。

 

ジャンクせどり転売とは?初心者におすすめ手法|プリンター仕入10,000台のせどらーが徹底解説

「なかなか仕入れなれない」 「資本が少なすぎてせどり転売ができない」 と思っている方、必見です!   せどサポでは、そんな方にジャンクせどり転売をオススメしています。 実は、せどサポもジャン ...

続きを見る

 

 

ジャンクせどり転売のおすすめ商材

ジャンクせどりと言っても、扱える商材は限られてきます。

ここでは、せどサポがオススメする以下の4つの商材について、

解説いたします。

 

ジャンクせどりオススメ商材

  • ジャンクプリンター
  • ジャンクコンポ
  • ジャンクゲーム機器
  • ジャンクプレーヤー・レコーダー

 

では、それぞれ解説していきます。

 

ジャンクプリンターせどり転売とは

ジャンクプリンターせどりとは、壊れているプリンターを修理して販売する手法になります。

せどサポでは、ジャンクプリンターについて以下の図の通り5の項目で評価してみました。

先ずは、こちらを確認お願いします。

総合ランクは、Aランクです。

ジャンクプリンターは、高評価の分類に入ります!

 

5の項目ごとに、詳しく解説しますね。

 

商品サイズ(★2)

商品サイズの項目は、小さいほど扱いやすく保管も省スペース収まるため高評価になります。

しかし、プリンターは、Amazon FBA 商品区分の定義で大型品として取り扱われることが多いため低く評価(★2)しました。

Amazonに登録されているプリンターの内、8割は大型商品になります。

 

 

そのため、FBA保管手数料・発送料が高くなります。

標準品と比べて2倍ぐらいコストかかってしまいます。

FBA倉庫へ納品する際の送料も必然的に高くなってしまいます。

 

 

修理難易度(★7)

商品サイズの項目は、修理作業が簡単なほど高評価になります。

プリンターは、分解などの難しい作業はなく素人でも簡単に修理ができるため高く評価(★7)しました。

 

ジャンクプリンターでは、印刷不良が出ているプリンターを仕入れて修理します。

 

印刷不良は、頻繁に起こる不具合の1つです。

長期間使っていないとインクが固まり上手く印刷できなくなることが原因です。

インクを使っている限りインクの硬直は抑えられないため避けられない事象なんです。

 

 

そのため、各メーカー共に印刷不良を解消するクリーニング機能が付いています。

クリーニングは、硬直したインクを取り払う機能で、複数回行うとしっかりと印字できるようになります。

 

ほとんどのユーザーは、頻繁に印刷することはなく、たまに使うため印刷できないってことが多くあります。

クリーニングすれば直りますが、クリーニング機能があること自体知らない方が多く破棄されたり買取に出されたりしています。

 

そのため、印刷不良を起こしているプリンターはクリーニング機能を使って複数回クリーニングしてあげると直ることが多いです。

クリーニングしても直らないものもありますが、せどサポでは全体の6割ほどは直して販売できています。

 

仕入難易度(★5)

仕入難易度の項目では、仕入の価格が安いほど・大量に仕入れらるほど高評価になります。

印刷不良を起こしたプリンターは、破棄されたりリサイクルショップに買取に出されます。

そのため、リサイクルショップのジャンクコーナーには、そういったプリンターがたくさん眠っているんです。

 

しかも、印刷不良は頻繁に起こるので、安定的にリサイクルショップに供給されるんですね。

そのため、僕の仕入れも安定的に仕入れることができます。

とても好循環ですね!

 

ただし、ライバルが増えていくと供給される量は変わらないので仕入れられる量が減ってしまうことが考えられるので、やや低い評価(★5)にしました。

 

また、リサイクルショップ側も、破棄するのに費用を出しているため、少しでもお金になればと低価格で販売しているところが多いです。

「大量に買いたい」と交渉すると高確率で値引きに応じていただけるので、安く仕入れることができます。

 

販売難易度(★7)

販売難易度の項目では、販売の価格が高いほど・売れ行きが良いほど高評価になります。

プリンターは、印刷不良が多いと説明しました。

その要因が販売するときも好循環をもたらしてくれます。

 

ユーザーは、印刷不良を起こし使えなくなった場合、直ぐに印刷したいと考えます。

インクのストックもあるので以前使っていたプリンターと同じものを探す傾向が高いです。

 

しかし、昔のモデルは生産終了しており新品を買おうとすると価格が高騰しているため、格安で買える中古プリンターを購入する方が多いです。

 

このような流れで昔のモデルのプリンターでも良く売れていきますので高く評価(★7)しました。

 

キャッシュフロー(★7)

キャッシュフローの項目では、現金の増加額が大きいほど高評価になります。

下記の図の通り、月に50台を仕入れた場合、純利で107,450円は手元に入ってくる計算になります。

 

項目 数値 単価 合計 備考
販売額 30台 8,000円 240,000円 修理率60%
仕入額 50台 1,000円 50,000円
人件費 25時間 850円 21,250円 30分/台
消耗品代 50台 120円 6,000円
交通費(仕入分) 50台 200円 10,000円
交通費(納品分) 30台 470円 14,100円
Amazon手数料 30台 1,040円 31,200円 13%仮定
合計 - - 107,450円 純利率44%

 

純利率44%と、ここまで高いビジネスモデルは物販界で中々ありません。

また、仕入値が安く、仕入れの8倍高く販売できるため在庫が残ってもキャッシュ(現金)が増えていきます。

売れ行きもいいので、直ぐに現金化できるため高く評価(★7)しました。

 

ジャンクコンポせどり転売とは

ジャンクコンポせどりとは、壊れているコンポを修理して販売する手法になります。

せどサポでは、ジャンクコンポについて以下の図の通り5の項目で評価してみました。

先ずは、こちらを確認お願いします。

総合ランクは、Cランクです。

ジャンクコンポは、低評価の分類に入ります!

低評価ですが、収益を上げることはできます。

初心者で、仕入れができない時期は、取り組んでみてもいいと思います。

 

では、5の項目ごとに、詳しく解説します。

 

商品サイズ(★3)

商品サイズの項目は、小さいほど扱いやすく保管も省スペース収まるため高評価になります。

しかし、コンポは、Amazon FBA 商品区分の定義で大型品として取り扱われることが多いため低く評価(★3)しました。

コンポは、標準サイズもありますが、ほとんどは大型商品になります。

 

 

大型商品は、FBA保管手数料・発送料が高くつきます。

以下の図を見て分かる通り、標準品と比べて2倍ぐらいコストかかってしまいます。

FBA倉庫へ納品する際の送料も必然的に高くなってしまいます。

 

 

修理難易度(★3)

商品サイズの項目は、修理作業が簡単なほど高評価になります。

コンポは、分解が必要になり修理が一段階難しくなるため低く評価(★3)しました。

 

コンポでは、CD・MD・カセットテープの読込エラーが出ている商品を仕入れて修理します。

 

読込エラーは、頻繁に起こる不具合の1つです。

これは、長期間使っていないと読込レンズにホコリが溜まり上手く読込できなくなることが原因です。

 

修理方法は、レンズに付着しているホコリを取り除いてあげることで、読込エラーを解消することができます。

 

レンズのクリーニングをするためには、一度分解する必要があるため、修理は難しくなります。

 

クリーニングしても直らないものもありますが、せどサポでは全体の7割ほどは直して販売できています。

 

仕入難易度(★4)

仕入難易度の項目では、仕入の価格が安いほど・大量に仕入れらるほど高評価になります。

読込エラーが出たコンポは、破棄したり、リサイクルショップで買取に出されます。

 

そのため、リサイクルショップのジャンクコーナーには、そういったコンポがたくさん眠っているんです。

 

ただし、ライバルが増えていくと供給される量は変わらないので仕入れられる量が減ってしまうことが考えられるので、やや低い評価(★4)にしました。

 

また、リサイクルショップでは、コンポが高めに販売されていることが多いです。

基本的にコンポは、MD・CD・カセットテープを聞くことができます。

 

リサイクルショップでは、3つの1つでも読込エラーが出ると、ジャンク扱いになります。

しかし、1つが読込エラーでも、残っている方が使えれば購入するお客さんも多く、高めに販売されています。

そのため、仕入値が他のジャンルと比べると高いため、低い評価にしました。

 

販売難易度(★2)

販売難易度の項目では、販売の価格が高いほど・売れ行きが良いほど高評価になります。

コンポは、スマートフォンやMPプレーヤーの登場により、需要が減ってきています。

どちらかと言えば、コンポを使用している人は、ニッチな方が多いです。

 

例えば、今もなおカセットテープで音楽を聴いている方もいます。

現在のコンポは、カセットプレーヤーが搭載しているモデルはないため、そういった方には、カセットテープを聞けるコンポは、貴重品になります。

MDプレーヤーも同じ理屈で、ある程度の需要は残っています。

 

しかし、この需要は少ないため、売れ行きが良くないです。

そのため、コンポは、低く評価(★2)しました。

 

キャッシュフロー(★3)

キャッシュフローの項目では、現金の増加額が大きいほど高評価になります。

下記の図の通り、月に50台を仕入れた場合、純利で40,200円は手元に入ってくる計算になります。

 

項目 数値 単価 合計 備考
販売額 35台 7,000円 245,000円 修理率70%
仕入額 50台 2,000円 100,000円
人件費 50時間 850円 42,500円 60分/台
消耗品代 50台 80円 4,000円
交通費(仕入分) 50台 200円 10,000円
交通費(納品分) 35台 470円 16,450円
Amazon手数料 30台 1,040円 31,850円 13%仮定
合計 - - 40,200円 純利率16%

 

純利率16%と、物販界では高い方のビジネスモデルです。

しかし、仕入値が高く、売れ行きも良くないので、収益を伸ばすのは難しいため低く評価(★3)しました。

 

ジャンクゲーム機器せどり転売とは

ジャンクゲーム機器せどりとは、壊れているゲーム機器を修理して販売する手法になります。

せどサポでは、ジャンクゲーム機器について以下の図の通り5の項目で評価してみました。

先ずは、こちらを確認お願いします。

総合ランクは、Bランクです。

ジャンクゲーム機器は、高評価の分類に入ります!

十分に試す価値のあるジャンルになります。

 

では、5の項目ごとに、詳しく解説します。

 

商品サイズ(★6)

商品サイズの項目は、小さいほど扱いやすく保管も省スペース収まるため高評価になります。

ゲーム機は、Amazon FBA 商品区分の定義で小型品・標準品として取り扱われることが多いため高く評価(★6)しました。

PSP・3DSなどのモバイルゲーム機であれば、ほんとうに小さく扱いやすいです。

また、TVゲーム機などは、多少大きくなりますが、他のジャンルと比べると小さい方になります。

 

 

小型商品であれば、FBA保管手数料・発送料が安く済みます。

以下の図を見て分かる通り、大型品と比べて半分ぐらいコストカットできます。

FBA倉庫へ納品する際の送料も安くなりいい事尽くめですね。

 

 

修理難易度(★4)

商品サイズの項目は、修理作業が簡単なほど高評価になります。

ゲーム機器は、分解が必要になり修理が一段階難しくなるため低く評価(★4)しました。

 

ゲーム機器では、ゲームディスクの読込エラーが出ている商品を仕入れて修理します。

 

読込エラーは、頻繁に起こる不具合の1つです。

これは、長期間使っていないと読込レンズにホコリが溜まり上手く読込できなくなることが原因です。

 

修理方法は、レンズに付着しているホコリを取り除いてあげることで、読込エラーを解消することができます。

 

レンズのクリーニングをするためには、一度分解する必要があるため、修理は難しくなります。

 

クリーニングしても直らないものもありますが、せどサポでは全体の7割ほどは直して販売できています。

 

クリーニングしても直らないものは、レーザー照射が弱っており修理できないため、破棄する必要があります。

 

また、ゲーム機は、画面が壊れていたり、ボタンが外れているものも修理可能です。

ゲーム機は、交換用のボタンや画面がAmazonで格安にて手に入ります。

壊れている部分を、新しい部品に交換することで、再生することができます。

 

仕入難易度(★6)

仕入難易度の項目では、仕入の価格が安いほど・大量に仕入れらるほど高評価になります。

読込エラーが出たり、画面が割れたりしたゲーム機は、破棄したり、リサイクルショップで買取に出されます。

そのため、リサイクルショップのジャンクコーナーには、そういったゲーム機がたくさん眠っているんです。

 

そういった商品を仕入れていきます。

 

また、ヤフオクでもジャンク品がまとめて販売されていることが多いです。

ゲーム機は、大量に市場に流れているため、中古市場にもゲーム機は多く流れ込んできます。

 

昔のモデルは、1個あたりの販売価格が2,000円~3,000円のものが多く検品するにも時間がかかります。

そのため、多くのリサイクル業者は、ヤフオクで未確認としてセット販売しています。

 

そういった、業者を見つけてリスト化し、定期的に購入することも可能です。

また、そういった業者と直接やり取りをして、まとめて購入することで格安にて仕入れすることも可能です。

 

販売難易度(★6)

販売難易度の項目では、販売の価格が高いほど・売れ行きが良いほど高評価になります。

ゲーム機は、昔のモデルでも売れ行きが良いのが特徴です。

そのため、ゲーム機器は、高く評価(★6)しました。

 

例えば、スーパーファミコンなどの昔のゲーム機でも、3カ月間で100個ほどが販売されています。

 

「最安値が、490円で販売しても利益でるの?」と思う方もいると思います。

これは、コントローラーが付属しないで出品している販売者がいるため、最安値が極端に安くなっています。

 

コントローラーやACケーブルなど、ゲームするために最低限に必要な付属品を付けることで価格を上げても販売できます。

スーパーファミコンでは、2,480円ほどで販売していきます。

さらに、純正箱・説明書が付属していれば、3,480円ほどで販売できます。

 

これだけ、需要があると、「できるだけ綺麗で付属品が揃っているスーパーファミコンを買いたい」と思うお客さんも沢山います。

そこに、アプローチしていくことで、十分に高く販売することが可能です。

 

また、Amazon規定では、以下のように規定されています。

 

ゲーム機本体の場合、TVゲームのプレイに不可欠な付属品が不足している場合(コントローラー、TV接続ケーブル、電源ケーブル、乾電池駆動型でない場合は充電アダプタ、内部バッテリー、など。説明書やケースは除く)も出品は禁止されています。

 

そのため、TVゲームのプレイに不可欠な付属品が不足している場合は、そもそも出品してはいけません。

お客さんも、本体のみの商品を買いたいと思わないので、付属品が付いているセラーから購入します。

 

キャッシュフロー(★3)

キャッシュフローの項目では、現金の増加額が大きいほど高評価になります。

下記の図の通り、月に50台を仕入れた場合、純利で25,550円は手元に入ってくる計算になります。

こちらは、せどサポで行ったPS2修理事業の数値をもとにしています。

ゲーム機種が変われば、下記の数値が変わりますので、ご了承ください。

項目 数値 単価 合計 備考
販売額 35台 5,000円 175,000円 修理率70%
仕入額 50台 1,500円 75,000円
人件費 25時間 850円 21,250円 30分/台
消耗品代 50台 80円 4,000円
交通費(仕入分) 50台 200円 10,000円
交通費(納品分) 35台 470円 16,450円
Amazon手数料 30台 1,040円 22,750円 13%仮定
合計 - - 25,550円 純利率14.6%

 

純利率14.6%と、物販界では高い方のビジネスモデルです。

しかし、販売価格が低いので、1つあたりの利益額が小さくなるため低く評価(★3)しました。

 

ゲーム機は、販売価格の上限が決まっているので、仕入を如何に安くするかがカギとなります。

業者を開拓して安く仕入れたり、まとめて仕入れることで安く仕入れることができます。

 

また、最新のゲーム機(スイッチ/PS4)を取り扱うことで、販売価格を上げることができます。

しかし、仕入価格も同時に上がってしまうので、一個前のゲーム機(WiiU/PS3)などを狙ってみるのがアリですね。

 

ジャンクプレーヤー・レコーダーせどり転売とは

ジャンクプレーヤー・レコーダーせどりとは、壊れているプレーヤー・レコーダーを修理して販売する手法になります。

せどサポでは、ジャンクプレーヤー・レコーダーについて以下の図の通り5の項目で評価してみました。

先ずは、こちらを確認お願いします。

総合ランクは、Cランクです。

ジャンクプレーヤー・レコーダーは、低評価の分類に入ります!

低評価ですが、収益を上げることはできます。

初心者で、仕入れができない時期は、取り組んでみてもいいと思います。

 

では、5の項目ごとに、詳しく解説します。

 

商品サイズ(★3)

商品サイズの項目は、小さいほど扱いやすく保管も省スペース収まるため高評価になります。

しかし、プレーヤー・レコーダーは、Amazon FBA 商品区分の定義で大型品として取り扱われることが多いため低く評価(★3)しました。

 

 

大型商品は、FBA保管手数料・発送料が高くつきます。

以下の図を見て分かる通り、標準品と比べて2倍ぐらいコストかかってしまいます。

FBA倉庫へ納品する際の送料も必然的に高くなってしまいます。

 

 

修理難易度(★4)

商品サイズの項目は、修理作業が簡単なほど高評価になります。プレーヤー・レコーダーは、分解が必要になり修理が一段階難しくなるため低く評価(★4)しました。

 

プレーヤー・レコーダーでは、ゲームディスクの読込エラーが出ている商品を仕入れて修理します。

 

読込エラーは、頻繁に起こる不具合の1つです。

 

これは、長期間使っていないと読込レンズにホコリが溜まり上手く読込できなくなることが原因です。修理方法は、レンズに付着しているホコリを取り除いてあげることで、読込エラーを解消することができます。

 

レンズのクリーニングをするためには、一度分解する必要があるため、修理は難しくなります。クリーニングしても直らないものもありますが、せどサポでは全体の6割ほどは直して販売できています。

 

クリーニングしても直らないものは、レーザー照射が弱っており修理できないため、破棄する必要があります。

 

仕入難易度(★5)

仕入難易度の項目では、仕入の価格が安いほど・大量に仕入れらるほど高評価になります。読込エラーが出たプレーヤー・レコーダーは、破棄したり、リサイクルショップで買取に出されます。

 

そのため、リサイクルショップのジャンクコーナーには、読込エラーが出たプレーヤー・レコーダーがたくさん眠っているんです。

 

そういった商品を仕入れていきます。

ただし、ライバルが増えていくと供給される量は変わらないので仕入れられる量が減ってしまうことが考えられるので、やや低い評価(★5)にしました。

 

また、リサイクルショップでは、プレーヤー・レコーダーが高めに販売されていることが多いです。プレーヤー・レコーダーは、DVD・Blu-ray・VHSテープを再生することができます。

 

DVD・Blu-rayの2つを再生できたり、DVD・VHSテープの2つを再生できるプレーヤー・レコーダーが多いです。

 

リサイクルショップでは、2つの内1つでも読込エラーが出ると、ジャンク扱いになります。しかし、1つが読込エラーでも、残っている方が使えれば購入するお客さんも多く、高めに販売されています。

 

また、部品取りとして、購入されるお客さんも多いです。そのため、仕入値が他のジャンルと比べると高いため、低く評価しました。

 

販売難易度(★4)

販売難易度の項目では、販売の価格が高いほど・売れ行きが良いほど高評価になります。

VHSレコーダーは、メーカーが製造を中止しています。

しかし、現在もVHSレコーダーを使いたい根強い層がいます。

そういった方は、新品では購入できないので、中古品を購入します。

 

例えば、以下のVHSレコーダーは、3カ月で21個ほど購入されています。

 

しかし、この需要は他のジャンルに比べると少ないです。

そのため、プレーヤー・レコーダーは、低く評価(★4)しました。

 

キャッシュフロー(★4)

キャッシュフローの項目では、現金の増加額が大きいほど高評価になります。

下記の図の通り、月に50台を仕入れた場合、純利で57,100円は手元に入ってくる計算になります。

 

項目 数値 単価 合計 備考
販売額 30台 8,000円 240,000円 修理率60%
仕入額 50台 2,000円 100,000円
人件費 25時間 850円 21,250円 30分/台
消耗品代 50台 80円 4,000円
交通費(仕入分) 50台 200円 10,000円
交通費(納品分) 30台 470円 16,450円
Amazon手数料 30台 1,040円 31,200円 13%仮定
合計 - - 57,100円 純利率23.7%

 

純利率23.7%と、物販界では高い方のビジネスモデルです。

しかし、仕入値が高いので、1つあたりの利益額が小さくなるため低く評価(★4)しました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は、ジャンクせどりについて解説していきました。

ここで、ポイントを以下にまとめますね。

もう一度確認していただき、知識を定着していきましょう!

 

ジャンクプリンターのポイント

  • プリンターは、修理&保管スペースの確保が必要
  • 印刷不良はヘッドクリーニングすることで直る
  • 安定的に仕入れられる

 

ジャンクコンポのポイント

  • コンポは、修理&保管スペースの確保が必要
  • レンズをクリーニングすることで直る
  • 安定的に仕入れられる
  • 昔のモデルのコンポが需要がある

 

ジャンクゲーム機器のポイント

  • レンズをクリーニングすることで修理できる
  • 部品を交換することで修理できる
  • 安定的に仕入れられる
  • 業者仕入れで仕入を安くする

 

ジャンクプレーヤー・レコーダーのポイント

  • レンズをクリーニングすることで修理できる
  • 安定的に仕入れられる
  • VHSレコーダーが狙い目

 

自分の環境にあった商材を扱っていただきたいと思います。

 

次回は、具体的な仕入ノウハウについて解説していきます。

ぜひ、こちらもご覧ください。

関連記事
ジャンクせどり転売の仕入マニュアルを公開|これを見ればすぐに実践できちゃいます!

ジャンクせどりは、儲かることはわかるけど、 実際に仕入れするやり方が分からないと 困っている方は、多いはずです。   ここでは、仕入方法について解説していきます。 この記事を読むだけで、実践 ...

続きを見る

 

最後まで、ありがとうございました。

 

タカのせどり教室では、LINE@で限定情報を公開しています。

せどらーによるリアルオフ会や勉強会のイベント情報もLINE@でお知らせしていますので、ぜひ、あなたもご登録お願いします。

LINE@のお友だち登録はこちらをクリック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

タカ

自分の知らない分野にも恐れず挑戦する開拓者。建築関係の仕事をしていたのに、畑違いの物販でも結果を出せるのは人一倍努力しているから。学習意欲が高すぎて、本を読みながら街を歩いていることもしばしば!副業で取り組んだせどりでも本業の収入を超えるのに3か月で達成。データ分析が得意。というか、やり過ぎなくらい分析してる。大量のデータに裏打ちされた独自のせどり論で荒稼している。仕事での海外経験も豊富で英語も堪能。豊富な海外経験からグローバルな視点を活かし、海外メーカーの代理店なども手掛けている。趣味のサーフィンも大会で上位に食い込むほどの実力者。←友人に評価してもらいました(>-<;)

-02. 仕入量UP!仕入攻略まとめ

Copyright© タカのせどり教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.